遮熱無機フッ素塗装/屋根上葺き(相模原市 F様邸)

工事前現場調査

弊社はお客様宅の外壁や屋根を事前に調査するにあたり、含水計測機やペーハー試験紙などを用いて既存の状態はしっかりと調査させて頂きます。
右上の写真は外壁が白亜化(チョーキング)したサイン・・・。
外壁を保護する塗料が紫外線により分解された状況となります。
大切なお客様の建物を工事させて頂く為にも、適切なご提案や塗料選定を行えるよう都度調査を無料で実施させて頂いています。
中には屋根や外壁の痛みが酷く、塗装が出来ないケースも御座います。
その場合は違った形でご提案をさせて頂く事があります。

工事着工

足場着工

現在の労働基準に合わせビケ足場で工事を行っています。
ネットを全面に張り、近隣に塗料や汚れが飛散しないように配慮させて頂いています。
また、足場上部には弊社の看板シートを設置させて頂いています。

工事前には弊社担当者にてご近所様へご挨拶も行わせて頂きます。

外壁コーキング工事

足場設置後に屋根/壁を洗浄・・・

次工程として外壁(窯業サイディング)目地部分を撤去。
サッシ回りや目地部分をマスキング養生してプライマーを塗布していきます。

上一番左の写真は外壁目地の工事前写真になります。
写真の通りコーキングは10年未満で痩せて隙間が生じてきます。
紫外線などで軟質のコーキングが10年以上経過すると硬化していき、写真のように隙間やひび割れなどが発生し建物内に水が浸入します。
ここまで隙間が生じてしまうと外壁材の劣化、木下地などに水分が含まれ様々な弊害が発生していきます。
例として外壁材の反りや割れ、内部に至っては木部の腐食や白蟻の発生など・・・。
2~4枚目の写真はコーキングを充填して仕上がった写真となります。

外壁下塗り

外壁下塗り・・・

今回の塗装では弊社のオリジナル塗料をご契約頂きました。
外壁塗料 【匠シリーズ】
匠フィラーエポ塗装(窯業外壁用下塗り)

下4枚写真は下塗り施工途中の写真となります。

外壁中塗り

外壁中塗り・・・

下塗り同様に弊社オリジナル塗料で塗装。

外壁塗料【匠シリーズ】
匠遮熱ハイブリットⅡ(窯業外壁用中/上塗り)

塗料の性質として「無機」「フッ素」「遮熱」・・・
他社メーカーでもそれぞれの塗料はありますが、無機+4フッ化フッ素というハイグレード塗料でこの度は塗装を行わせて頂きました。

外壁上塗り

外壁上塗り・・・

同色塗料で上塗りを行っています。
中塗り/上塗りの違いをちゃんと確認されたい場合は、弊社でも中塗りと上塗りを違う色で塗装する事も可能です。

弊社では匠ハイブリットⅡシリーズに10年の塗膜保証をお出ししています。
耐候年数は20年を超える試験データーも御座います。

各部塗装

外壁塗装と同時に外壁に付随する「軒天」「破風板」「軒/竪樋」「雨戸/戸袋」「霧除け」「フードカバー」なども塗装を行います。
サッシなどのアルミ材部分以外の箇所は全て塗装させて頂きます。

屋根上葺き工事

上3枚の写真・・・
洗浄前の屋根写真となります。
今回お客様のご要望で塗装工事ではなく軽量の屋根材をカバーしたいとのご要望を頂戴して、塗装ではなく上葺きのご提案をさせて頂きました。
屋根材は劣化の状況により塗装が出来ないケースが多くあります。
例として屋根材の反りや割れ、長期間メンテナンスをしていなかった為に藻やコケなどが深く固着、2回以上の塗装をしているなど多々御座います。
弊社はこれら現場調査の際に屋根に上らせて頂き、点検/調査を実施して最適なご提案を行わせて頂きます。

相模原市緑区原宿南  藤島様邸 屋根工事_190529_0027

防水紙(ルーフィング)張り・・・

屋根の棟材を撤去した後にルーフィングを貼ります。
今回の工事期間中は風が強かった為に面でルーフィングを貼って部分で板金材の平プレートで固定していきました。

相模原市緑区原宿南  藤島様邸 屋根工事_190529_0020

屋根葺き・・・

今回施工させて頂いた材料「IG工業 ガルテクト」を施工させて頂きました。

他社メーカーの屋根材と比べて若干高くはありますが、金額に劣らない材質と見た目になります。
屋根材の裏面には断熱材があり遮熱性と雨音などを軽減する性能も御座います。

相模原市緑区原宿南  藤島様邸 屋根工事_190529_0014

棟下地/雪止め金具施工・・・

棟下地として貫下地材を使用しています。
一般的な材料ではありますが貫下地を樹脂胴縁に変更する事も可能です。
お値段は若干上がってしまいますが、利点として下地が腐らない点が挙げられます。
弊社では棟板金を被せた後に釘打ち部分をコーキング充填して抜け防止対策を実施しています。

雪止め金具は金属屋根を葺いた際には必須となります。
理由の一つとしてカラーベストなどと違い屋根材表面がツルツルする事から積雪がある地域では滑り落ちる危険性がある為に必ず施工させて頂いています。

また、軒/竪樋関係も同時に交換させて頂きます。
※既存が丸樋ではなく角樋で調整が可能な場合は交換はしなくても大丈夫なケースも御座います。

相模原市緑区原宿南  藤島様邸 屋根工事_190529_0009

上2枚の写真は屋根葺き完成後の写真となります。
屋根上葺き工事は面積にもよりますが3~5日前後の工期となります。
葺き替えについては解体工事などでもう1日工期が増えるなどもありますが、基本的には1週間以内に完了させるのが通常となります。

工事完成

足場撤去後の完成写真となります。

全体的な工期は約2週間半程度(実働)となります。
足場→洗浄→コーキング→塗装→屋根葺きという手順で進めていきました。

Copyright (C) 株式会社相模建創 All Rights Reserved.